1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 上野真光寺の観音厨子

市指定等文化財

上野真光寺の観音厨子

うえのしんこうじの  かんのんずし

  • 上野真光寺の観音厨子
  • 上野真光寺の観音厨子

データ

名称
上野真光寺の観音厨子
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
建造物
所在地
梓川上野 1918
所有者
真光寺
時代区分
室町時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
梓川地区
分野
建造物

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

室町時代作の厨子

  この厨子(ずし)は、真光寺の仁王門をくぐって左側のお堂に安置されています。高さ240cm、屋根周り166cm、横周り80cmで、室町時代後期の制作と推定されています。厨子は、内部に仏像などをおさめるもので、この厨子も内部に観音像が安置されていますが、観音像は当初からのものではないと考えられています。
  一見三手先の見事な斗栱(ときょう)には隅行肘木が使われています。正面の棧唐戸の上の虹梁(こうりょう)を飾る花をつけた唐草は、いかにも優美です。

ページの先頭へ