1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 小室七日山金比羅宮参道石仏群

市指定等文化財

小室七日山金比羅宮参道石仏群

おもろ  なのかやま  こんぴらぐう  さんどうせきぶつぐん

  • 小室七日山金比羅宮参道石仏群
  • 小室七日山金比羅宮参道石仏群

データ

名称
小室七日山金比羅宮参道石仏群
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
建造物
所在地
梓川梓6930
所有者
小室町会金比羅宮氏子
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
梓川地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

持病を治した観音様

  梓川地区でただ一カ所の石仏群は、梓川地区小室の七日山にある金比羅宮の参道にあります。
  金比羅宮は、文政5年(1822)に小室菰立(こもたて)山に勧請(かんじょう 神仏の分霊を移してまつること)されたものです。天保6年(1835)ころ、和田村久右衛門が金比羅宮のふもとに観音像を建てたところ、持病が治ったのが評判になり、5~6年のうちに88体の石仏が建てられ、毎日のように参拝者が列をなしたと伝えられています。
  その後、明治23年(1890)には、金比羅宮は現在の地に移され、本殿はふもとに下げられ鞘堂(さやどう  本体の建物を覆うように建てられた建物)の中に収められていましたが、地元の小室地区の皆さんが整備をされ、現在の姿になっています。

ページの先頭へ