1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 経筒

市指定等文化財

経筒

きょうづつ

  • 経筒
  • 経筒

データ

名称
経筒
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成21年12月22日
種別
考古資料
所在地
内田2573  牛伏寺
所有者
牛伏寺
時代区分
平安時代
付加事項

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
松本東部
分野
考古資料

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

末法への祈りの形

  この経筒は、鉢伏山中腹の経塚から出土したと伝えられています。
  経塚とは、平安時代に末法思想が広がった際に、仏法の滅亡に備えて経典等を地中に埋納した場所で、経筒はその経典を経塚に納めるための容器です。
  経筒は銅鋳製で、重さ2.5kgの重厚な造りです。蓋径12.6cm、底径12.5cm、高さ23.8cmの円筒形です。現在、蓋と身はサビついて開くことはできません。銘文がないため、はっきりとした制作年代はわかりませんが、作り方や大きさから12世紀後半頃のものと考えられます。

  この他に、市内での経筒の出土例は、入山辺地区の旧海岸寺の寺域付近で見つかった旧海岸寺経塚出土品(松本市重要文化財)の中に、平安時代の経筒があります。

ページの先頭へ