1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 工女宿宝来屋

市指定等文化財

工女宿宝来屋

こうじょやど  ほうらいや

  • 工女宿宝来屋
  • 宝来屋外観
  • 内部

データ

名称
工女宿宝来屋
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成21年12月22日
種別
建造物
所在地
島立2196-1  松本市歴史の里
所有者
松本市
時代区分
明治時代
付加事項

所属カテゴリ

テーマ
明治から現代
地域
松本西部
分野
建造物

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

野麦峠のふもとにあった宿

  この建物はかつて、松本市奈川地区川浦の、古来信州松本と飛騨高山を結ぶ主要な経済交通路であった旧野麦街道に面した位置にありましたが、昭和58年(1983)に現在地に移築されました。宝来屋は江戸時代は尾州藩領の旅人宿として、また製糸業が盛んであった明治・大正時代には飛騨高山方面から長野県、特に現在の岡谷・諏訪地方へ製糸労働のため往来した工女の宿でした。

  構造は、木造平屋一部2階建、切妻造、妻入りで、屋根は板葺(石置き)です。規模は、桁行8間半(15.3m)、梁間7間半(13.5m)です。建築年代はその様式などから江戸時代後期と推定されます。間取りは乗鞍・御岳高原の農家で一般に使われた形式で、表側の2室は工女宿として宿泊客が増えた明治時代に増築されました。また、土間奥のネベヤと背後の半間分も明治以降に付加されたものとされていますが、目立った改造もなく創建当初の形式が保たれています。

  かつて、川浦地区には同様の宿屋が7軒あったとされていますが、明治30年代以降、岡谷・諏訪の大製糸家が県外に進出するようになり、野麦峠を越えてくる飛騨出身の工女がいなくなると宿が不要となりました。さらに昭和9年の国鉄高山線全線開通による交通経路の大幅な変更により客足が途絶え、宝来屋をはじめとした川浦の工女宿も、それぞれ店をたたんだといわれます。
  現在は、松本市立博物館分館「松本市歴史の里」の展示資料として、一般公開されています。

◆松本市歴史の里
・観覧できる時間
  9時~17時(入館は16時30分まで)
・休館日
(1)月曜日(休日の場合は翌日)
(2)年末年始(12月29日~1月3日)
・観覧料
(1)大人
      個人  400円
      団体  300円(20名以上)
(2)小中学生
      無料

ページの先頭へ