1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 銅造菩薩立像

市指定等文化財

銅造菩薩立像

どうぞうぼさつりゅうぞう

  • 銅造菩薩立像
  • 銅造菩薩立像

データ

名称
銅造菩薩立像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成23年3月22日
種別
美術工芸品(彫刻)
所在地
波田6011
所有者
盛泉寺
時代区分
南北朝時代~室町時代初期
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
波田地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

若澤寺に所蔵されていた仏像

  八角宝冠を戴き、両手を曲げ、胸の前で左手を下、右手を上に重ねる梵篋印を結ぶ像高25cmの銅製の立像です。もと若澤寺の仏像で、善光寺式阿弥陀三尊像の脇侍の一体と考えられます。宝冠の飾りが不明で、観音・勢至の区別は付け難いのですが、量感があり穏やかな面相をしています。衣のひだは深いがやや煩雑であり、南北朝か室町時代初期の作と推定されます。
  台座は後補であり、全体に摩耗が進んでいます。

ページの先頭へ