1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 真言宗祖師像

市指定等文化財

真言宗祖師像

しんごんしゅうそしぞう

  • 真言宗祖師像(弘法大師坐像)
  • 真言宗祖師像(弘法大師坐像)
  • 真言宗祖師像(興教大師坐像)

データ

名称
真言宗祖師像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成23年3月22日
種別
美術工芸品(彫刻)
所在地
波田6011
所有者
盛泉寺
時代区分
室町時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
波田地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

真言宗の古刹若澤寺の歴史を伝える祖師像2体

  弘法大師はわが国真言宗の開祖で、平安時代初期の僧です。興教大師は新義真言宗の開祖で、平安時代後期の僧です。いずれもわが国真言宗の祖師として、真言宗寺院(若澤寺も真言宗)にそろって祀られることが多くあります。

  波田地区の盛泉寺にある水澤観音堂には、この弘法大師、興教大師の2体の像が安置されています。弘法大師坐像は、右手に金剛杵、左手に数珠をもち、興教大師坐像は、納衣中で組手をする姿に現わされています。ともに像高40cmで檜材の寄木造です。
  両像とも豊かな体躯で、穏やかな面相をしています。寄せ木の矧ぎ目が目立ち、手先や持物を失い、塗りも落ちて傷みがひどくなっています。しかし、真言宗の古刹若澤寺の歴史を伝える貴重な遺品の一つです。

ページの先頭へ