1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 線彫一石六地蔵尊像

市指定等文化財

線彫一石六地蔵尊像

せんちょういっせきろくじぞうそんぞう

  • 線彫一石六地蔵尊像
  • 線彫一石六地蔵尊像

データ

名称
線彫一石六地蔵尊像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成23年3月22日
種別
美術工芸品(彫刻)
所在地
波田6011
所有者
盛泉寺
時代区分
江戸時代中期
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
波田地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

声を合わせてお経を唱える

  盛泉寺山門前に立ち、享保18年(1733)の造立銘をもつ六地蔵尊の中央に置かれていることから、ほぼその頃の造立かと思われます。高さ82cm、幅60cmの大きな自然石に、横一列にそれぞれチューリップのような蓮弁上に、線彫で6体の地蔵尊が並べて刻んであり、頭上に「佛・法・僧」の三文字を彫りこんであります。

  六地蔵はいずれも口を開き、念仏か御詠歌を唱えているようで、稚拙な表現が、何ともいえない素朴な味を見る人に与えています。拓本の好対象として広く知られており、パリで開かれた展覧会にも出品され、注目を浴びています。

ページの先頭へ