1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 若澤寺参道丁石

市指定等文化財

若澤寺参道丁石

にゃくたくじさんどう  ちょうせき

  • 若澤寺参道丁石(四丁目)
  • 若澤寺参道丁石(四丁目)
  • 若澤寺参道丁石(七丁目)
  • 若澤寺参道丁石(十丁目)
  • 若澤寺参道丁石(十三丁目)
  • 若澤寺参道丁石(十四丁目)
  • 若澤寺参道丁石(十五丁目)
  • 若澤寺参道丁石(十六丁目)
  • 若澤寺参道丁石(二丁目?)
  • 若澤寺参道丁石(?丁目)
  • 若澤寺参道丁石(裏参道十二丁目)

データ

名称
若澤寺参道丁石
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成23年3月22日
種別
美術工芸品(歴史資料)
所在地
波田4570  ほか
所有者
上波田高齢者クラブ  ほか
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
波田地区
分野
歴史史料

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

若澤寺までの道標

  波田地区の若澤寺跡まで登る参道の道筋に、現在も高さ70~130cm前後の丁石10基が残されています。
  平安時代の密教寺院は俗塵を離れた山中に建てられ、修学研鑽の場とされていました。参道が山中で長いことから、寺まで何丁(町)、奥の院まで何丁と、道標を兼ねて、入口を起点とし1丁(約109m)ごとに丁石を建てていました。

  若澤寺表参道(上波田阿弥陀堂から水沢山林道を登るルート)では、仁王門を入口とし、1丁進むごとに2丁、3丁…と数を増し、18丁目で寺に到達するようになっていました。現在9基確認されている表参道の丁石(4丁・7丁・10丁・13丁・14丁・15丁・16丁及び丁数不明のもの2基)の造立年代は、寛永12年(1635)6月吉日の同一日で、施主は地元や近隣の人々であり、碑の上部にいずれも阿弥陀三尊の種子(梵字)が刻まれています。各丁石には、空海の説いた「十住心論」にもとづき、それぞれの住心を配当し、参詣者は1丁進むごとに邪心を追い払い菩提心を高めつつ水澤観音のもとへと登って行きました。

  一方、裏参道(盛泉寺の南から山道を登るルート)では、12丁目の丁石1基だけが確認されています。

ページの先頭へ