1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市特別天然記念物 >
  4. 波田小学校のアカマツ林

市指定等文化財

波田小学校のアカマツ林

はたしょうがっこう  の  あかまつりん

  • 波田小学校のアカマツ林
  • 波田小学校のアカマツ林

データ

名称
波田小学校のアカマツ林
指定等区分
市特別天然記念物
指定年月日
平成23年3月22日
種別
天然記念物(植物)
所在地
波田10286-1
所有者
松本市
時代区分
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
自然の恵み
地域
波田地区
分野
天然記念物・名勝

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

子どもたちに親しまれている小学校の松林

  波田小学校の敷地約40,000㎡のうち、校舎及びグラウンドの周辺20,000㎡余りの区域がアカマツ林になっています。もとは松本藩の御林(後に波田官林)の一部であり、かつては森口から渕東まで続く広大な松林でした。アカマツを有用林として残し、地元住民を中心とした保護・管理によって、現在約450本が成育しています。最近太い個体が枯れているのが惜しまれますが、樹齢200年を超えるものもあります。
  秋にはこも巻きをするなど、よく手入れがされ、2月のこも取りの際には、子どもたちを交えた育成会主催の焼きいも大会が開催されるなど、地域の行事の場としても定着しています。

ページの先頭へ