1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市特別史跡 >
  4. 平瀬城跡

市指定等文化財

平瀬城跡

ひらせじょうあと

  • 平瀬城跡
  • 平瀬城跡

データ

名称
平瀬城跡
指定等区分
市特別史跡
指定年月日
平成26年3月5日
種別
遺跡
所在地
島内9627イ号ほか
所有者
個人
時代区分
戦国時代
付加事項

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
松本西部
分野
史跡

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

安曇野を望む山城の跡

  平瀬城跡は、奈良井川と梓川とが合流する付近の、安曇野に面する尾根上に造られた山城の跡です。
  島内下田地区の犀乗沢をはさんで、北側の尾根に本城、南側の尾根に南城が築かれ、これら一体で平瀬城とされています。松本地域の他の山城と比較すると、本城の主郭部分がずば抜けて広いこと、また、尾根続きに築かれている連続竪堀が大規模かつ複雑であることが特徴として挙げられます。

  平瀬城は多くの文献史料に名を残しているため、研究者の間で著名であり、他の山城に比べて広く研究されてきた経過があります。江戸時代に松本藩主水野氏が編纂した『信府統記』には、犬甘(いぬかい、犬養・犬飼とも書く)氏の一族である平瀬氏の居城であろうと書かれています。また、武田氏の史料である『高白斎記』には、天文20年(1551)10月に、武田氏が平瀬城を攻め、204人を討ち取り平瀬氏が滅亡したという記載があります。ただし、平瀬氏滅亡の場所は、平瀬氏の居館である川合鶴宮八幡神社地とする説もあります。

ページの先頭へ