1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要無形民俗文化財 >
  4. 上波田の御柱

市指定等文化財

上波田の御柱

かみはたのおんばしら

  • 上波田の御柱
  • 上波田の御柱
  • 御柱を立てる
  • オンベ切り

データ

名称
上波田の御柱
指定等区分
市重要無形民俗文化財
指定年月日
平成26年12月26日
種別
風俗習慣
所在地
波田13区及び14区(上波田上丁、中丁、下丁)
所有者
上波田の御柱保存会
時代区分
付加事項

所属カテゴリ

テーマ
人々が受け継ぐ
地域
波田地区
分野
年中行事・民具

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

子供たちによるオンベ売り

  正月にオンベを切り、柱に飾って立て、柱を倒した後にオンベを配る、男子小学生を中心とした行事です。もともとは1月14日に立て、20日に倒した小正月の行事ですが、今は3丁場申し合わせのうえで、1月5日前後に立て、成人の日(1月の第2月曜日)ごろに倒しています。
  オンベを切ることと柱を立て又倒すことは大人が手伝います。このとき、子どもたちが「オンベキリニキテオクリヤーイ」「オンバシラタテニキテオクリヤーイ」などと丁場を呼び歩いていることから、子どもが主体の行事であることがわかります。
  柱に飾るツクリモノは、オンベとヤナギで、ほかにシンボクとカンノミズと呼ばれる大きな御幣があり、その数や作り方は丁場によって多少異なっています。これらのツクリモノは、御柱を倒した後に丁場に配った後周辺の集落に売って歩き、売り上げは子どもたちで分配します。

ページの先頭へ