1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 牛伏寺観音堂宮殿

市指定等文化財

牛伏寺観音堂宮殿

ごふくじかんのんどうくうでん

  • 牛伏寺観音堂宮殿
  • 牛伏寺観音堂宮殿

データ

名称
牛伏寺観音堂宮殿
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成27年7月7日
種別
建造物
所在地
松本市内田2573
所有者
牛伏寺
時代区分
江戸時代
付加事項

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
松本東部
分野
建造物

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

かつて本尊のおわしましたところ

★宮殿(くうでん)とは
  宮殿とは、厨子(ずし)と同じく、仏像を収めるために造られた建築物のことです。
  牛伏寺の観音堂(本堂)に安置されている宮殿は、本尊・木造十一面観音立像(重要文化財)を収めるためのものです。間口4尺×奥行3尺5寸の方一間(1間四方)の入母屋造(背面は切妻造)・こけら葺で、軒に唐破風を付けた総高10尺の建築物で、全体に彩色が施されています。
  なお、現在、本尊の木造十一面観音立像は、釈迦如来像等の指定文化財とともに奥殿(収蔵庫)に安置されています。

★牛伏寺最古の建築物
  建築年代に関する史料は見つかっていませんが、蟇股(かえるまた)・頭貫木鼻・台輪の繰形などは、江戸時代前期の特徴が見られます。寺伝によれば、観音堂が慶長17年(1612)に焼失し、元和8年(1622)に再建されたとあり、再建の際に宮殿も造られたと考えられます。
  また、「宝永六年己丑牛伏寺観音堂建立覚帳」によると、宝永6年(1709)に新しい観音堂の建築工事が着工され、宝永8年に古い堂が取り払われ、正徳2年(1712)4月に上棟式が行われています。このことから、元和8年頃に造られた宮殿が、正徳2年に上棟された観音堂に再び安置され、観音堂とともに現在に至っていると推測されます。
  牛伏寺における最古の建築物として、貴重なものです。

ページの先頭へ