1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 牛伏寺四尊像

市指定等文化財

牛伏寺四尊像

ごふくじしそんぞう

  • 牛伏寺四尊像
  • 牛伏寺四尊像

データ

名称
牛伏寺四尊像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成27年7月7日
種別
絵画・工芸品
所在地
松本市内田2573
所有者
牛伏寺
時代区分
鎌倉時代
付加事項

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
松本東部
分野
絵画・工芸品

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

鎌倉時代の仏画

★四尊像とは
  牛伏寺四尊像は、仏教の明王など4体の姿を田の字型に配置している仏画です。
  向かって右上が孔雀明王像、その下が愛染明王像、その左が不動明王像、その上が尊勝仏頂像と考えられています。しかし、このような四尊像の組み合わせは他に類例がなく、また各尊の境界部分に微妙なズレが見られます。これらのことから、初めから田の字型に描かれたものではなく、それぞれ別の絵をひとつに貼り合わせたものである可能性の高いことがわかります。

★明治時代に牛伏寺へ
  四尊像の制作年代は、四尊に共通する大らかな像容、引き締まった線描表現、金銀泥を巧みに配した洗練された装飾感覚から、平安時代の仏画の雰囲気を残す鎌倉時代の13世紀ころの作と推定されています。
  牛伏寺に四尊像が伝えられたのは、18世住職の伊佐観瑞の代(明治20~30年(1887~1897)ころ)で、京都大覚寺から下賜されたことが軸裏の銘文に記されています。

ページの先頭へ