1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 牛伏寺法華経断簡(藤南家経)

市指定等文化財

牛伏寺法華経断簡(藤南家経)

ごふくじ  ほけきょうだんかん  とうなんけきょう

  • 牛伏寺法華経断簡(藤南家経)
  • 牛伏寺法華経断簡(藤南家経)
  • 牛伏寺法華経断簡 裏書

データ

名称
牛伏寺法華経断簡(藤南家経)
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成27年7月7日
種別
古文書・書跡・典籍
所在地
松本市内田2573
所有者
牛伏寺
時代区分
奈良時代
付加事項

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
松本東部
分野
古文書・書跡・典籍

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

奈良時代の筆跡

★断簡とは
  断簡とは、古文書の一部を切り取り、紙片の状態にしたものを指します。
  牛伏寺には、法華経の一節に当たる7行110文字が記された断簡が、掛軸として伝わっています。
  断簡の筆跡は、五島美術館所蔵の「法華経巻第五(藤南家経)」(重要文化財)と同じ写経生のもので、安田文庫に所蔵されていた「法華経巻第三」(昭和20年3月末の空襲で焼失、写真図版が現存)も同筆と見られます。これらの資料から、元は八巻一具の法華経で、本断簡は「法華経巻第二」の一部と考えられます。

★江戸時代後期に牛伏寺へ
  五島美術館本、安田文庫本ともに巻末に本文と同じ筆跡で「藤南家経」とあることから、藤原武智麻呂を祖とする藤原南家に伝来したものとわかります。これらの書跡に奥書はないため、書写年代は断定できませんが、黄麻紙(おうまし)という奈良時代に多く用いられた紙を使用していることや、正倉院文書のにある記録から、天平19年(747)年に作成されたものと推定されています。
  掛軸の裏面には、牛伏寺15世憲如の筆跡で次のように記されています。

  此経切之一軸高祖大師之真筆莫疑云々
  文化十酉年夏
  (この経切の一軸は高祖大師の真筆にして
    疑うことなかれ云々
    文化十酉年夏)

  続けて、13世憲阿の法孫の憲寿が次のように記しています。

  現住憲如和上登京砌納金峰山宝庫者也
  憲阿法孫道本憲寿
  (現住憲如和上が京に登りしみぎり、
    金峰(峯)山の宝庫に納めるものなり
    憲阿の法孫  道本憲寿)

  これらのことから、文化10年(1813)の夏に、15世憲如が京都に上った際に法華経断簡を入手し、牛伏寺に収めたことがわかります。

ページの先頭へ