1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 牛伏寺銅伏鉦

市指定等文化財

牛伏寺銅伏鉦

ごふくじ  どうふせがね

  • 牛伏寺銅伏鉦
  • 牛伏寺銅伏鉦

データ

名称
牛伏寺銅伏鉦
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成27年7月7日
種別
考古資料
所在地
松本市内田2573
所有者
牛伏寺
時代区分
平安時代
付加事項

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
松本東部
分野
考古資料

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

堂平から出土した楽器

★伏鉦とは
  銅伏鉦は、平成22年(2010)5月9日に、牛伏寺境内から東の鉢伏山方面へ登った標高1180ⅿ附近の「堂平」の発掘調査により出土しました。上面径10.8cm、下面径12.0cm、高さ4.9cmの小型の伏鉦です。
  仏教の打楽器としての鉦には、柱などにかけて鳴らす鉦鼓と、机などに置いて鳴らす伏鉦の2種類ありますが、出土した鉦には底裏に小さな脚が3本あるので、伏鉦として作られたものであることが分かります。この脚や側面にある耳は、伏鉦と一体として鋳造されており、小型ながら端正なつくりです。また、土中にあったため、全体がサビに覆われていますが、腐食や摩耗などは最小限にとどめられ、当初の姿をよく残していると考えられます。

★平安時代の伏鉦
  この伏鉦の制作年代は、出土層の年代や伴出土器から平安時代末期(12世紀)以前と考えられます。銅伏鉦の出土品としては日本最古の部類に入り、残りもよく、きわめて価値が高いものです。

ページの先頭へ