1. ホーム >
  2. 松本の歴史

松本の歴史

  ここでは、松本の歴史のあらましを、代表的な文化財を取り上げながら簡単に紹介します。

旧石器時代・縄文時代

  松本市域に、人が暮らし出したのが確認できるのは、今から約13,000年~14,000年前の旧石器時代のことで、この時代の石器がいくつかの遺跡から採集されています。残念ながら、人々の暮らした跡を発掘調査によってはっきりと確認できていないため、当時の様子ははっきりとしません。
  縄文時代になると、市内にも数多くの遺跡が確認され、当時の生活の状況がわかってきます。縄文時代は、約13,000年前~2,300年前までの1万年近く続いた時代で、狩りや漁を行ったり、木の実などを採集して主な食料を得ていました。この時代には、煮炊きの道具などとして縄文土器が使われました。縄文時代の中ごろには、全国的にも遺跡の数が多く、松本市内でも東側の東山部を中心に、当時の集落の跡が発掘調査によって明らかにされています。
  市内の代表的な遺跡としては、坪ノ内遺跡(中山地区)、小池遺跡(内田・寿地区)、縄文時代の終り頃の後期・晩期の遺跡のエリ穴遺跡(内田地区)などがあげられます。このうち、エリ穴遺跡からは、この時期の耳飾りが2,000点以上と、全国的にも有数の量が出土し、お祭りやお祈りに使われたと思われる、人の顔を表現した土版(人面付土版)も出土しています。

弥生時代

  弥生時代は、約2,300年前~1,700年前の約600年間で、水田で米を作る稲作が行われるようになりました。松本市内では、弥生時代の初め頃の遺跡はわずかしか確認されていませんが、弥生時代の中ごろ以降、集落の跡が確認されています。代表的な遺跡として、百瀬遺跡、宮渕本村遺跡などがあげられます。
  長野県内の中野市柳沢遺跡では、銅鐸(どうたく)と銅戈(どうか)がまとまって出土し、全国的に注目されたのは記憶に新しいことですが、松本市内でも宮渕本村遺跡で銅鐸の破片が出土しています。
  弥生時代の初め頃のものとして、針塚遺跡(里山辺)の再葬墓出土土器が市重要文化財となっています。

古墳時代

  古墳時代は、3世紀末~7世紀末までの400年間で、土を盛り上げて造ったお墓である古墳がさかんに造られた時代です。松本市内には160ほどの古墳が確認できますが、その中で最も古い時期に造られた古墳は、国史跡に指定されている弘法山古墳です。この古墳は、3世紀末に造られた前方後方墳で、東日本でも古い古墳のひとつです。
  古墳時代前期(3世紀末~4世紀)には、弘法山古墳のほか、出土遺物が市重要文化財に指定されている中山36号墳がありますが、これらを除くと、この時期の古墳はほとんど確認されていません。この時期の集落も、いくつかの遺跡で確認されていますが、その詳細ははっきりしていません。
  古墳時代中期(5世紀)には、市内の各地で古墳が造られるようになります。県史跡針塚古墳(里山辺)や、金銅製天冠を含む出土遺物が県宝に指定されている桜ヶ丘古墳(浅間温泉)のほか、市内各地に中期の古墳が築かれており、この時期の集落も確認されています。
  古墳時代後期(6~7世紀)になると、数多くの古墳が造られます。出土遺物が市重要文化財となっている南方(みなみがた)古墳や、市特別史跡中山古墳群の古墳の多くは後期の古墳です。中期までは一人の人を埋葬するために古墳が築かれていましたが、後期になると一度築いた古墳に何回か埋葬をするようになり、家族墓の性格を帯びています。7世紀には、用水路を築いて湿地以外の場所も水田とする技術が広まったことを背景として、集落が急激に大規模化したり、それまで集落が見られなかったところに新たに集落が営まれたりするようになります。それまで古墳が見られなかった奈良井川より西側の地域でも集落が営まれ、古墳が造られるようになります。
  松本市内では、奈良時代になっても古墳が造られており、市特別史跡秋葉原第1号古墳はこの時期の古墳です。

奈良~平安時代

  奈良・平安時代は、天皇を中心とした朝廷による律令制が行われ、松本市内の集落も信濃国筑摩郡・安曇郡(梓川より北の地域)として、この律令制に組み込まれました。
  信濃国の国府は、はじめは現在の上田に置かれていましたが、8世紀末~9世紀前半に、松本に移されています。ただ、国府がどこにおかれたのかはまだわかっていません。いろいろな説があり、惣社、大村、筑摩などが候補地とされていますが、今後の発掘調査の成果が期待されます。
  また、筑摩郡内には、馬を飼育するための牧場である牧(まき)として、埴原牧(はいばらのまき)と大野牧(おおのまき)がおかれ、このうち埴原牧は中山地区にあったとされており、県史跡に指定されています。
  律令制の中で、農地を広げるための開墾(かいこん)が奨励されました。市内ではとくに奈良井川より西側の地域の開発がさかんに行われ、大規模な集落が形成されました。後に土地の私有が認められるようになると、地元の有力者は中央の貴族や寺社と結びついて開墾を進めるようになります。こうして開発された土地は荘園とよばれ、中央の貴族や寺社の所有地となりますが、荘園の実際の経営は地元の有力者が行っていました。このような奈良・平安時代に開発された大規模な集落として、市重要文化財の銅鋺(どうわん)が出土した南栗遺跡(島立)、同じく奈良三彩の小壷が出土した下神遺跡(神林)、銅印の出土した三間沢川左岸遺跡(神林)などがあげられます。しかし、こうした大規模な集落の多くは、10世紀前半にはいっせいに消滅してしまい、その後は数軒の住居が間隔をおいて分散するようになります。はっきりとしませんが、乱開発や洪水などの自然災害が原因とされています。
  平安時代には、建立の年代ははっきりとしませんが、市内にも寺院が建立され、牛伏寺の十一面観音を始めとした仏像群、放光寺の十一面観音旧海岸寺の千手観音といった仏像彫刻はこの時期のもので、国・県・市の文化財に指定されています。

鎌倉・室町・戦国・安土桃山時代

  鎌倉時代から、国ごとに守護がおかれ、荘園や公領には地頭が置かれました。信濃国守護は、最初は比企(ひき)氏でしたが、後に北条氏となりました。鎌倉幕府が倒れ、北条氏が滅びると、小笠原氏が守護となりました。
  小笠原氏は、はじめ井川の館(市特別史跡井川城跡)を本拠地として信濃国を治めました。ただ、信濃国守護でありながら、小笠原氏の支配地は主に松本から南信地方に限られていました。それ以外の地域は在地の有力武士(国人  こくじん)の勢力が強く、応永7年(1400)には、守護として赴任した小笠原長秀に対し、各地の国人が反抗し、長秀が守護を解任されたこともありました(大塔合戦  おおとうかっせん)。また、相続を巡る争いから、小笠原氏は内部で争いがおきて二つに分かれ、府中(松本のこと。国府が以前おかれたため、こうよばれました)と伊那をそれぞれ本拠地としました。
  戦乱が激しくなる中で、府中の小笠原氏の本拠地も、15世紀の後半には、平地の井川の館から山城である林城(県史跡)に移されています。戦国時代には、市域東部・北部などに埴原(はいばら)城山家(やまべ)城(いずれも県史跡)などの山城が築かれています。
  戦国時代になると、甲斐(現在の山梨県)の武田氏が信濃国に攻め入ります。このときの守護は小笠原長時でした。天文17年(1548)、長時は武田晴信(信玄)と塩尻峠で戦って敗れます。天文19年(1550)、武田氏が松本に攻め込んでくると、小笠原勢は戦わずして敗走し、本拠地の林城は落城します。武田信玄は府中に入ると、それまで島立氏が守っていた深志城を本拠地としました。その後、武田氏は、織田信長との戦いに敗れ滅びますが、間もなく織田信長も本能寺の変で殺されてしまいます。
  小笠原長時の子の貞慶(さだよし)は、このとき信濃国に攻め入り、かつての領地を取り返し、深志城を本拠地とします。貞慶は城の名を松本城とし、これ以降、松本の地名が用いられるようになります。
  豊臣秀吉が天下を統一すると、小笠原氏は関東へ移され、代わって石川数正が松本にやってきました。石川数正は松本城天守(国宝)の建築を計画し、その子康長(やすなが)が松本城天守を文禄2~3年(1593~1594)にかけて築造し、乾小天守・渡櫓(わたりやぐら)、本丸、二の丸御殿も作りました。
  小笠原氏は、筑摩神社を厚く信仰し、筑摩神社本殿(国重要文化財)を造営したほか、筑摩神社銅鐘も小笠原氏によるものです。また、市特別史跡の徳雲寺跡は、現在の山辺地区の有力武士であった山家為頼が開創した徳雲寺の跡と伝えられます。
  現在の梓川地区の有力武士であった西牧氏に関係した文化財として、国重要文化財の大宮熱田神社本殿大宮熱田神社若宮八幡宮本殿、市重要文化財の釈迦堂の釈迦如来などがあります。

江戸時代

  松本藩をおさめた藩主は、6家23代で、その時の石高は以下のとおりです。
石川氏  (1590~1613)  2代  8万石
小笠原氏(1613~1617)  2代  8万石
戸田氏  (1617~1633)  2代  7万石
松平氏  (1633~1638)  1代  7万石
堀田氏  (1638~1642)  1代  10万石
水野氏  (1642~1725)  6代  7万石
戸田氏  (1726~1871)  9代  6万石
  転封・改易などで藩主が変わるたびに所領に変化がありましたが、松本藩の石高を表現する場合は、廃藩置県まで藩主であった戸田氏の石高で代表して6万石と表現されています。小笠原氏より後は、松平氏に代表されるように、徳川家と関係の深い藩主が置かれています。
  歴代城主の治世を指定文化財を紹介しながらたどってみましょう。
  先に見てきたように、石川康長は国宝松本城の天守・乾小天守・渡櫓をつくりました。しかし、慶長18年(1613)に改易されてしまいます。
  石川氏の後に、小笠原貞慶の子の秀政が飯田から松本へやってきます。小笠原秀政は、大坂夏の陣に出陣しましたが、子の忠脩(ただなが)と共に戦死してしまいます。この二人のお墓が市特別史跡の広沢寺小笠原氏墓所で、御殿山小笠原家廟所には小笠原貞慶を含めた三人が祀られています。
  小笠原氏の後、戸田康長(やすなが)が藩主となります。康長は、徳川家康の妹の松姫を妻としており、松平の姓と葵(あおい)の紋を使うことが許されていました。市重要文化財の戸田家伝世の甲冑(かっちゅう)は、戸田康長が着用したと伝えられているものです。戸田氏は2代で松本を離れますが、のちに再度松本の藩主となります。
  戸田氏の後の松平直政は、徳川家康の孫にあたる人物でした。5年間の短い治世でしたが、松本城の辰巳附櫓(たつみつけやぐら)と月見櫓(つきみやぐら)を作りました。また、当時の貨幣である寛永通宝の鋳造を幕府から許されています(市重要文化財寛永通宝松本銭と鋳造の許状)。
  堀田氏の治世は、堀田正盛の一代、4年間のみで、一度も松本に来たことはありませんでした。堀田正盛は3代将軍家光の老中でした。
  続く水野氏の治世は、約80年に及びました。小笠原貞慶が始めた松本城下町の整備は、水野氏の時代にほぼ終了しています。
  2代忠職(ただもと)のときには、領内のすべての田畑の検知が行われました。また、忠職は、北深志の総鎮守として歴代藩主の崇敬の厚かった岡宮神社の本殿(市重要文化財)の改築を行っています。
  3代忠直(ただなお)のときには、貞享(じょうきょう)騒動(加助騒動)とよばれる大きな百姓一揆がおこりました。これは、凶作が続いていたにもかかわらず、藩が重い年貢をかけていたため、安曇郡中萱(なかがや)村(現在の安曇野市三郷)の庄屋を務めていた多田加助を中心としておこったものです。一揆はわずか3日で鎮圧され、加助をはじめ一揆の中心となった人々が処刑されました。
  市特別史跡の水野家廟所は、忠直が造営したもので、松本藩に最初やってきた忠清(ただきよ)から5代忠幹(ただもと)までが祀られています。また、忠直は、北深志の総鎮守(ちんじゅ)の岡宮神社と、南深志の総鎮守の深志神社に神輿(みこし)を寄進しています(ともに市重要文化財)。
  5代忠幹のときには、信濃国の歴史や地理などをまとめた「信府統記」(しんぷとうき)が編さんされました。この「信府統記」は、当時のことを知る大変重要な史料となっています。
  6代忠恒(ただつね)は江戸城松の廊下で刃傷事件を起こし、水野氏は改易となってしまいます。
  水野氏の後、戸田氏が藩主となり、明治維新までの約140年の間、松本藩を治めました。
  初代の戸田光慈(みつちか)が藩主となって間もない享保12年(1727)には、松本城本丸御殿が全焼してしまいますが、財政力がなく再建はできず、これ以降二の丸御殿が藩政を行う場とともに藩主の居所となります。
  光慈は、治世の出発にあたって、松本城下町の詳細な絵図を作成させますが、これが市重要文化財の松本城下絵図です。
  戸田家にまつわる文化財としては、市重要文化財に指定されているものに、戸田家の全家臣の家譜である諸士出身記並びに出身記・出身帳等、将軍が領地を安堵(あんど)した朱印状及び領知目録松竹梅と桐紋蒔絵の女乗物などがあります。また、市特別史跡の戸田家廟園(びょうえん)には、戸田康長のほか、6代光行(みつゆき)、7代光年(みつつら)、8代光庸(みつつね)の弟光領とその室が葬られています。
  松本藩最後の藩主となったのは9代光則(みつひさ)です。慶応3年(1867)の大政奉還の後、光則は朝廷側につき、戊辰戦争の際は松本藩兵が朝廷軍に加わりました。明治2年(1869)の版籍奉還により、光則は松本藩知事となります。
  光則は、政府の神道国教化の方針に従い、廃仏毀釈を積極的に行い、藩内の寺院の廃寺が徹底して行われました。この廃仏毀釈のとき、念来寺から西善寺へと運ばれた仏像などが、市重要文化財に指定されています。
  明治4年(1871)の廃藩置県のとき、松本藩は松本県となり、このとき光則は藩知事の任を解かれ、松本を離れます。

明治時代~現代

  明治4年(1871)、廃藩置県によって松本藩が廃され、松本県がおかれますが、すぐに全国的に府県の改廃が行われ、松本県に代わって中南信と岐阜県高山地方を範囲とする筑摩県がおかれます。筑摩県の県庁は松本におかれ、松本城旧二の丸御殿が庁舎として使われました。しかし、明治9年(1876)にこの筑摩県庁舎が火災で焼失すると、中南信地方は長野県に、高山地方は岐阜県に合併され、筑摩県はなくなります。
  廃藩置県により政治の場としての機能を失った松本城天守は、明治5年(1872)に売りに出され、取り壊しの危機にさらされます。このとき、下横田町の副戸長をしていた市川量造が中心となって、松本城の保存活動が行われました。市川たちは、松本城天守を会場とした筑摩県博覧会の開催や人々からの寄付などによって、松本城天守を買い戻し、破壊の危機から救いました。また、松本城天守は南西に大きく傾くなど荒廃していましたが、当時、松本城の二の丸跡にあった松本中学校の校長の小林有也(うなり)らの運動により、松本城天守の修理工事が明治36年(1903)~大正2年(1913)に行われています。
  明治維新後、現在の松本市域の町村は合併や分離がありましたが、明治22年(1889)の町村制の施行の際は、24町村あり、東筑摩郡・西筑摩郡・南安曇郡に分かれていました。明治40年(1907)には松本町が松本市となり、初代市長に小里頼永(おりよりなが)が就任しています。
  明治~昭和時代の指定・登録文化財はいずれも建造物です。代表的なものに、国重要文化財の旧開智学校校舎旧松本高等学校本館及び講堂、県宝旧長野地方裁判所松本支部庁舎、国登録有形文化財の旧第一勧業銀行松本支店などがあげられます。
  戦後、昭和28年(1953)に施行された町村合併促進法により、昭和29年(1954)には、松本市と周辺13村が合併し、昭和30年(1955)には、錦部・会田・五常・中川の4村が合併した四賀村、梓村と倭村が合併した梓川村が誕生しています。平成17年(2005)には、平成の大合併により、松本市と四賀・梓川・安曇・奈川の4村が合併し、平成22年(2010)には波田町が合併しました。
  現在の松本市は、東は美ヶ原高原から西は上高地・北アルプスの槍・穂高連峰までの広い市域を有し、豊かな自然環境に囲まれた城下町となっています。

  このホームページで紹介している文化財は、松本に暮らした人々の足取りや、自然環境を私たちに物語ってくれます。どれも先人が生み出し、後の人々がそれを受け継いで現在に伝えてくれた、「松本のたから」です。

ページの先頭へ

フリーワード検索

テーマで探す

地域で探す

分野から探す