1. ホーム >
  2. 松本の歴史 >
  3. 明治時代~現代

松本の歴史

明治時代~現代

旧開智学校校舎 旧松本高等学校本館 旧長野地方裁判所松本支部庁舎 旧第一勧業銀行松本支店 晩秋の上高地   明治4年(1871)、廃藩置県によって松本藩が廃され、松本県がおかれますが、すぐに全国的に府県の改廃が行われ、松本県に代わって中南信と岐阜県高山地方を範囲とする筑摩県がおかれます。筑摩県の県庁は松本におかれ、松本城旧二の丸御殿が庁舎として使われました。しかし、明治9年(1876)にこの筑摩県庁舎が火災で焼失すると、中南信地方は長野県に、高山地方は岐阜県に合併され、筑摩県はなくなります。
  廃藩置県により政治の場としての機能を失った松本城天守は、明治5年(1872)に売りに出され、取り壊しの危機にさらされます。このとき、下横田町の副戸長をしていた市川量造が中心となって、松本城の保存活動が行われました。市川たちは、松本城天守を会場とした筑摩県博覧会の開催や人々からの寄付などによって、松本城天守を買い戻し、破壊の危機から救いました。また、松本城天守は南西に大きく傾くなど荒廃していましたが、当時、松本城の二の丸跡にあった松本中学校の校長の小林有也(うなり)らの運動により、松本城天守の修理工事が明治36年(1903)~大正2年(1913)に行われています。
  明治維新後、現在の松本市域の町村は合併や分離がありましたが、明治22年(1889)の町村制の施行の際は、24町村あり、東筑摩郡・西筑摩郡・南安曇郡に分かれていました。明治40年(1907)には松本町が松本市となり、初代市長に小里頼永(おりよりなが)が就任しています。
  明治~昭和時代の指定・登録文化財はいずれも建造物です。代表的なものに、国重要文化財の旧開智学校校舎、旧松本高等学校本館及び講堂、県宝旧長野地方裁判所松本支部庁舎、国登録有形文化財の旧第一勧業銀行松本支店などがあげられます。
  戦後、昭和28年(1953)に施行された町村合併促進法により、昭和29年(1954)には、松本市と周辺13村が合併し、昭和30年(1955)には、錦部・会田・五常・中川の4村が合併した四賀村、梓村と倭村が合併した梓川村が誕生しています。平成17年(2005)には、平成の大合併により、松本市と四賀・梓川・安曇・奈川の4村が合併し、平成22年(2010)には波田町が合併しました。
  現在の松本市は、東は美ヶ原高原から西は上高地・北アルプスの槍・穂高連峰までの広い市域を有し、豊かな自然環境に囲まれた城下町となっています。

ページの先頭へ

フリーワード検索

テーマで探す

地域で探す

分野から探す