1. ホーム >
  2. 国指定等文化財 >
  3. 国重要文化財 >
  4. 木造釈迦如来及両脇侍像(牛伏寺)

国指定等文化財

木造釈迦如来及両脇侍像(牛伏寺)

もくぞうしゃかにょらいおよびりょうきょうじぞう(ごふくじ)

  • 木造釈迦如来
  • 木造釈迦如来
  • 文殊菩薩騎獅子像 (脇侍像)
  • 普賢菩薩騎象 (脇侍像)

データ

名称
木造釈迦如来及両脇侍像(牛伏寺)
指定等区分
国重要文化財
指定年月日
大正3年8月25日
種別
彫刻
所在地
内田2573
所有者
牛伏寺
時代区分
平安時代
付加事項
  

所属カテゴリ

分類
重要文化財
テーマ
松本城ができるまで
地域
松本東部
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

参道内田に「しやかんど原」残る

  中尊釈迦如来は、像高138㎝の堂々たる坐像で、檜(ひのき)材の寄木(よせぎ)造、全身漆箔(しっぱく)が施されています。細かくよく整えて刻まれた螺髪(らほつ)、すっきりと一文字の髪際、描いたような眉と切れ長な目、前かがみにやや俯瞰(ふかん)して、半眼に下向きなので、拝者を優しく親しく見下ろしているようです。頬の輪郭のあたたかい円味、円くなだらかな両肩の張り、肩から下腹、膝前にかけて流れるような薄い衣文(えもん)の線など、藤原時代の流麗で豊かな彫刻の特徴が現れています。まさに円満具足の如来像です。
  両脇侍(きょうじ)は共に檜材の寄木造で、彩色されています。中尊左側の脇侍文殊菩薩(もんじゅぼさつ)騎獅子像は、獅子の動的な形にふさわしい両手の形や静寂な面相など藤原時代の特徴が表されています。中尊右側の脇侍普賢菩薩(ふげんぼさつ)騎象像は、象の平板な鼻とそこから出る牙など、象を想像の動物として造像したものと思われます。穏やかな象の上に円味の肩、静かに合掌する姿が藤原仏らしい巧みな調和があります。

ページの先頭へ