1. ホーム >
  2. 国指定等文化財 >
  3. 国重要文化財 >
  4. 木造大威徳明王像(牛伏寺)

国指定等文化財

木造大威徳明王像(牛伏寺)

もくぞうだいいとくみょうおうぞう(ごふくじ)

  • 木造大威徳明王騎牛像
  • 木造大威徳明王騎牛像

データ

名称
木造大威徳明王像(牛伏寺)
指定等区分
国重要文化財
指定年月日
大正3年8月25日
種別
彫刻
所在地
内田2573
所有者
牛伏寺
時代区分
平安時代
付加事項
  

所属カテゴリ

分類
重要文化財
テーマ
松本城ができるまで
地域
松本東部
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

信州唯一の重文明王像

  内田地区の崖の湯口に「でえどこ坊」という地名が残っており、もとここに当像を祀るお堂があったと伝えられています。大威徳明王(だいいとくみょうおう)は、大威徳という名から戦勝祈願の対象として崇敬されたり、台座の牛にちなんで農耕の神としてまつられました。
  材質は牛とともに檜(ひのき)材の寄木(よせぎ)造。頭上に化仏(けぶつ)面が三面、焔髪。三目の面が三面、六臂(ぴ)六足。第一手は合掌、第二手第三手はそれぞれ武器を握っています。肩から条帛(じょうはく)をかけ裳(も)をつけています。左一足を屈し、他の五足は垂れて牛の背に坐っています。台座の牛は角と両耳を立て、彫眼。背中に敷鞍を置き、四肢を曲げて坐っています。胎内銘に応永28年(1421)に修理をおこなったことが記されています。
  平安時代、密教がさかんになると共に、密教特有の仏像として忿怒明王(ふんぬみょうおう)像が造像され、大威徳明王はその一つです。当寺の大威徳明王像は平安時代後期の作で、忿怒相に造られてはいますが、怒髪天をつく相貌にも形式化が見られ、なで肩の体躯や、静かに坐る優しそうな目にも、この時代相が見られます。

ページの先頭へ