1. ホーム >
  2. 国指定等文化財 >
  3. 国重要文化財 >
  4. 宋版漢書慶元刊本(劉之問黄宗仁刊行跋)

国指定等文化財

宋版漢書慶元刊本(劉之問黄宗仁刊行跋)

そうはんかんじょけいげんかんぽん

  • 宋版漢書
  • 宋版漢書
  • 松原葆齋

データ

名称
宋版漢書慶元刊本(劉之問黄宗仁刊行跋)
指定等区分
国重要文化財
指定年月日
昭和55年6月6日
種別
書跡・典籍
所在地
中央4-2-22(松本市美術館)
所有者
松本市(松本市美術館)
時代区分
鎌倉時代
付加事項
  

所属カテゴリ

分類
重要文化財
テーマ
松本城ができるまで
地域
松本城下町周辺
分野
古文書・書跡・典籍

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

現存するのは世界でわずかに3部

  漢書は、中国の三大史書(史記・漢書・後漢書)の一つで、前漢時代(西暦紀元前206年~紀元後8年)を扱った正史です。本書は中国の南宋時代、慶元年間(1195~1200)に劉之問、黄宗仁が共同で出版したもので、刊行の年号により慶元刊本(けいげんかんぽん)とよばれています。室町時代に中国から伝来したと推測され、欄外に註記や書き込みがみられるなど、室町時代の五山僧の研究の足跡がうかがえます。その後、江戸時代の考証学者、狩谷棭斎(かりや  えきさい)(※注)の所蔵となり、60冊のうち6冊は棭斎が明版(みんぱん)をもって補っています。
  本書は開智学校、師範学校松本支校の教員を歴任した松本藩の儒学者松原葆齋(まつばら  ほうさい)が所蔵していたものです。明治39年(1906)に葆齋の長男松原栄氏によって、ほかの和漢書とともに開智図書館(中央図書館の前身)へ寄附されました。
  各冊とも縦約27cm、横約17cmの大きさで、袋綴じの冊子です。この刊本で現存するのは、千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館の蔵書(国宝上杉本)、中国の北京大学図書館の蔵書、そして本書と、世界で3部しか確認されていない極めて貴重なものです。

※注
狩谷棭斎の「棭」(木偏(きへん)に夜)という文字は、機種依存文字のため、正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

ページの先頭へ