1. ホーム >
  2. 国指定等文化財 >
  3. 国重要美術品 >
  4. 銅鐘

国指定等文化財

銅鐘

どうしょう

  • 銅鐘
  • 銅鐘
  • 銅鐘アップ

データ

名称
銅鐘
指定等区分
国重要美術品
指定年月日
昭和19年7月16日
種別
工芸品
所在地
女鳥羽2-4-42
所有者
長稱寺
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

分類
重要美術品
テーマ
松本城とその時代
地域
松本城下町周辺
分野
絵画・工芸品

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

鋳物師田中伝右衛門作の銅鐘

  長稱寺は浄土真宗の本願寺の末寺で、木曽山義仲院(ぎちゅういん)長稱寺といいます。開山は義延房念信と伝えられています。念信は俗名を木曽義信といい、木曽義仲の子であったといわれます。念信は親鸞(しんらん)の法弟で、鎌倉時代の建暦2年(1212)、親鸞帰洛の際に庵を挙げて長稱念仏寺と称したとされます。長稱寺は室町時代の明徳2年(1493)、七世善念のとき木曽に移り、さらに安曇郡横澤村(現在の松本市梓川地区)に移ったといわれます。寛永2年(1625)には城主戸田康長により松本城下和泉町に移され、明暦2年(1656)には城主水野忠職(ただもと)により現在地である上横田町に移され、万治3年(1660)にはその寺堂が完成しました。

  この銅鐘は、元禄12年(1699)鋳造、宝暦3年(1753)に改鋳されたものです。銘には、

  宝暦三歳  孟冬  下旬第五日
  信濃國左方惣官  鋳物師田中伝右衛門藤原吉隆

とあり、宝暦3年10月25日(「孟冬」は陰暦10月のこと)に、信濃国左方惣官(さほうそうかん)鋳物師(いもじ)田中伝右衛門吉隆が作り上げたものであることがわかります。
  寸法は、口径75.8cm、高さ131.8cmを測ります。
  戦時中の金属供出の際、寺院からは銅鐘をはじめ金属製品が供出されましたが、長稱寺の銅鐘はそれを免れました。

  江戸時代の松本城下の鋳物師として田中家と浜家が有名ですが、両家とも先祖は河内国(現在の大阪府)丹南郡の鋳物師で、代々勅許御鋳物師信濃国左方惣官を称していました。田中家は、元和8年(1622)から松本城下飯田町鍋屋小路で鋳物業を営んでおり、元禄年間(1688~1704)の吉重、元文・宝暦年間(1736~1764)の吉隆の頃に最も繁栄しました。田中家は長稱寺のほか、極楽寺・念来寺・宝永寺の銅鐘も鋳造しています。

ページの先頭へ