1. ホーム >
  2. 国指定等文化財 >
  3. 国登録有形文化財 >
  4. 長野県松本深志高等学校管理普通教室棟

国指定等文化財

長野県松本深志高等学校管理普通教室棟

ながのけんまつもとふかしこうとうがっこうかんりふつうきょうしつとう

  • 松本深志高等学校管理普通教室棟
  • 松本深志高等学校管理普通教室棟
  • 松本深志高等学校講堂

データ

名称
長野県松本深志高等学校管理普通教室棟
指定等区分
国登録有形文化財
指定年月日
平成15年3月18日
種別
建造物
所在地
蟻ヶ崎3-8-1
所有者
長野県
時代区分
昭和時代
付加事項
  

所属カテゴリ

分類
登録文化財
テーマ
明治から現代
地域
松本北部
分野
建造物

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

手本は東京帝国大学安田講堂

  長野県立松本深志高等学校には、国の登録有形文化財に登録された管理普通教室棟と講堂があります。
  管理普通教室棟は、長野県内における初期の鉄筋コンクリート造の学校建築で、旧制松本中学校校舎として昭和8年に建築されました。鉄筋コンクリート造3階建で、建築面積は2,579㎡です。外部がスクラッチタイル張で、正面中央の玄関ポーチの緩やかな尖頭アーチ、2階3階通しの先を尖らせた柱型などゴシック風意匠が特徴になっています。東京帝国大学安田講堂(東京大学大講堂)が手本と伝えられています。
  講堂は、鉄筋コンクリート造平屋建、建築面積は835㎡で昭和9年に建築されました。壁体は鉄筋コンクリート造とし、山形の鉄骨トラスで桟瓦葺の切妻屋根を支持しています。南妻面には、先を尖らせた柱型を表し、5連の尖頭アーチによるアーケード風正面玄関を設け、スクラッチタイルを張るなど管理普通教室棟と呼応した意匠が特徴となっています。
  これらの建物の設計は、当時の長野県営繕課が行ないました。

ページの先頭へ