1. ホーム >
  2. 国指定等文化財 >
  3. 国登録有形文化財 >
  4. 塩原家住宅門

国指定等文化財

塩原家住宅門

しおはらけ  じゅうたく  もん

  • 塩原家住宅門
  • 塩原家住宅門
  • 塩原家住宅主屋
  • 塩原家住宅米蔵
  • 塩原家住宅蚕室

データ

名称
塩原家住宅門
指定等区分
国登録有形文化財
指定年月日
平成16年3月2日
種別
建造物
所在地
今井上耕地5990
所有者
個人
時代区分
大正時代
付加事項
  

所属カテゴリ

分類
登録文化財
テーマ
明治から現代
地域
松本南部
分野
建造物

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

今に残る庄屋を務めた旧家のたたずまい

  松本市今井地区の歴史に代々登場する旧家・塩原家の、次の4棟が平成16年3月に国の登録有形文化財に登録されました。

  ・主屋
  ・門
  ・米蔵
  ・蚕屋

  これらの建築物は、明治末期から大正中期に造られたもので、開墾地の庄屋を務めた旧家のたたずまいを今日に伝えています。

★門★
  門は、敷地東寄りに建ち、屋根は袖塀部分とも桟瓦葺で、棟は輪違い積みです。袖塀は腰部を板張とし、上部は漆喰塗です。全体に簡素ですが、間口も広く、豪壮な主屋に見合った格を備える表門で、敷地景観を構成する上で欠かすことができない建造物です。

★他の3棟★
  主屋は、敷地の中ほどに建ち、入母屋造・桟瓦葺で、棟上にはほぼ全長に渡って越屋根を上げています。正面中ほどに土間玄関を開き、その左には式台玄関を設けています。背面には離れがつながり、北東隅には土蔵が建てられています。二階は、主として養蚕室として使用されていました。

  米蔵は、主屋正面の右手前に建ち、主屋側に正面をむけた土蔵です。切妻造・桟瓦葺・置屋根形式で、正面側に下屋を設けています。下屋柱も含めて腰部は海鼠壁とし、上部は漆喰塗としています。主として米穀を収めるために使われていたと伝えられ、丁寧なつくりの土蔵です。

  蚕屋は、主屋の背面側に建ち、木造二階建・切妻造・鉄板葺・平入で、間口10間の長大な規模を持ちます。正面側には全長に渡って桟瓦葺の下屋を設けています。全体にたちが高く、開口部の少ない特異な外観をしています。

ページの先頭へ