1. ホーム >
  2. 国指定等文化財 >
  3. 国選択無形民俗文化財 >
  4. 松本のミキノクチ製作習俗

国指定等文化財

松本のミキノクチ製作習俗

まつもとのみきのくちせいさくしゅうぞく

  • ミキノクチ
  • ミキノクチ
  • ミキノクチ(宝船)
  • ミキノクチ(二階松一ツ玉梅付)
  • ミキノクチ(五葉松)

データ

名称
松本のミキノクチ製作習俗
指定等区分
国選択無形民俗文化財
指定年月日
平成10年12月1日
種別
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
所在地
大手
所有者
個人
時代区分
現代
付加事項
  

所属カテゴリ

分類
選択文化財
テーマ
人々が受け継ぐ
地域
松本城下町周辺
分野
年中行事・民具

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

お年取りの縁起物

  ミキノクチは、「お神酒(みき)の口」とよばれ、年末に神棚に供えるお神酒をいれた徳利にさして飾る竹細工の縁起物です。二個一対のお神酒の口で飾られた徳利は、年末の30日頃に神棚に飾られ、お年取り(大晦日)にそのお酒をいただきます。お神酒の口はそのまま一年間飾られ、年末にまた新しいものを購入します。こうしたお神酒の口を飾る習俗は、かつては松本周辺で広く見られたようです。松本地方では、お神酒の口の製作は江戸時代の末から始まったとされており、当時は武士の内職として行われていたようです。現在では、お神酒の口の製作はごくわずかしか行われていません。
  お神酒の口は、幅1~2cmほどにした竹を、根元の部分を残して縦に細かく裂き、これを曲げて様々な美しい形を作り出しています。いくつかの形があり、宝船、二階松、五葉松、一つ玉、三つ玉などとよばれています。年末年始の縁起物にふさわしい、洗練された美しさを見ることができます。お神酒の口の製作は、11月上旬に竹の買い付けを行い、11月下旬から始まり、12月下旬には終わり、年末の縄手通りの露天で販売されます。

ページの先頭へ