1. ホーム >
  2. 国指定等文化財 >
  3. 国選択無形民俗文化財 >
  4. 松本のコトヨウカ行事

国指定等文化財

松本のコトヨウカ行事

まつもとのことようかぎょうじ

  • 藁馬を送り出す(入山辺厩所)
  • 藁馬を送り出す(入山辺厩所)
  • 龍を送り出す(里山辺追倉)
  • 足半の前で八日念仏(両島)
  • 龍を数珠に車座になって念仏(里山辺追倉)

データ

名称
松本のコトヨウカ行事
指定等区分
国選択無形民俗文化財
指定年月日
平成12年12月25日
種別
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
所在地
里山辺薄町追倉ほか
所有者
実施地区町会
時代区分
現代
付加事項
  

所属カテゴリ

分類
選択文化財
テーマ
人々が受け継ぐ
地域
松本市東部
分野
年中行事・民具

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

特徴的な8地区のコトヨウカ行事

疫病神を追い出すムラの行事
  2月と12月の8日は、コトヨウカ(事八日)とよばれ、全国的に様々な行事が行われています。
  松本市域では、2月8日がコトヨウカ、オヨウカ、シゴトハジメ、コトハジメなどとよばれ、市街地を除く地域では、道祖神のお祭りをはじめとしたさまざまな行事が行われています。そのうち、以下の8地区で行われているコトヨウカ行事が、それぞれ市の無形民俗文化財にも指定されており、さらに「松本のコトヨウカ行事」として、国の選択無形民俗文化財(記録作成等の措置を構ずべき無形の民俗文化財)に選択されています。
    入山辺
      厩所(まやどこ)の「貧乏神送り」
      上手町(わでまち)の「貧乏神送りと風邪の神送り」
      奈良尾(ならお)の「貧乏神送りと風邪の神送り」
      舟付(ふなつき)の「八日念仏と百足ひき」
      中村の「風邪の神送り」
    里山辺
        追倉(おっくら)の「お八日の綱引き」
    両島の「お八日念仏と足半」
    今井下新田(しもしんでん)の「八日念仏と足半」

藁の作り物を作る
  これらの行事は、いずれも藁(わら)を用いて馬、龍、百足(むかで)、足半(あしなか)とよばれる大きな草履などを作り、これを疫病神に見立てて行事に用いていることが特徴的です。藁の作り物の種類や、行われる内容から、次の4つに大きく分けることができます。
  厩所・上手町・奈良尾
    藁で馬を作って疫病神や貧乏神に見立て、集落の外へ送り出す
  舟付・中村
    藁で百足をつくり、村境まで送り出す
  追倉
    藁で龍を作り、藁綱を数珠に見立てて念仏を唱え、龍を綱代わりにして男性と女性とで綱引きを行う
  両島・今井下新田
    足半とよばれる大きな草履を作り、村境にかける
  藁の作り物を集落の外へ送り出す行事は、疫病神を追い払うためのもの、また足半を村境にかけるものは、疫病神が集落に入りこむのを防ぐためのものと考えられます。
  また、こうした行事のなかで、早朝に戸口で胡椒(こしょう)や籾殻(もみがら)を燃やして臭い匂いを出す「ヌカエブシ」とよばれる行事や、お餅をついて道祖神に供えたり、念仏を唱えることが合わせて行われています。
  どの行事も、厄をもたらそうとする神霊に対する人々の意識がよく表れ、東日本におけるコトヨウカ行事の典型例の一つとされています。さらに、「ヌカエブシ」や道祖神信仰など、行事を構成する要素にこの地方の地域的な特色が豊かであるとされています。
  この8地区の行事のそれぞれの内容については、市の指定文化財として紹介をしていますので、そちらもあわせてご覧下さい。

ページの先頭へ