1. ホーム >
  2. 国指定等文化財 >
  3. 国登録有形文化財 >
  4. 旧第一勧業銀行松本支店

国指定等文化財

旧第一勧業銀行松本支店

きゅうだいいちかんぎょうぎんこうまつもとしてん

  • 旧第一勧業銀行松本支店
  • 旧第一勧業銀行松本支店
  • 旧第一勧業銀行松本支店
  • 旧第一勧業銀行松本支店
  • 旧第一勧業銀行松本支店

データ

名称
旧第一勧業銀行松本支店
指定等区分
国登録有形文化財
指定年月日
平成19年10月2日
種別
建造物
所在地
大手3-5-15
所有者
(株)明神館
時代区分
昭和時代
付加事項
  

所属カテゴリ

分類
登録文化財
テーマ
明治から現代
地域
松本城下町周辺
分野
建造物

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

特徴的なアーチの開口部

  この建物は、松本城の南側の大名町通りにあります。昭和12年(1937)、日本勧業銀行松本支店として建築されました。その後、日本勧業銀行は合併により第一勧業銀行、みずほ銀行となり、この建物は平成15年(2003)まで松本支店として使われました。現在は、レストラン・ブライダル施設として活用されています。
  鉄筋コンクリート造3階建で、一部地下室もあり、塔屋が付けられています。外壁はモルタル塗で石目調の仕上げとなっています。独特の曲線形状をしたアーチの開口部が正面に7連、両側面と背面に各3連設けられ、外観を特色づけています。
  長野県の近代建築の代表例の一つとされており、商業都市としての松本を象徴する建物です。

ページの先頭へ