1. ホーム >
  2. 国指定等文化財 >
  3. 国登録有形文化財 >
  4. 旧光屋文庫蔵

国指定等文化財

旧光屋文庫蔵

きゅうひかるやぶんこぐら

  • 旧光屋文庫蔵
  • 旧光屋文庫蔵

データ

名称
旧光屋文庫蔵
指定等区分
国登録有形文化財
指定年月日
平成22年9月10日
種別
建造物
所在地
松本市大手4丁目7番14号
所有者
(株)明神館
時代区分
明治時代
付加事項
  

所属カテゴリ

分類
登録文化財
テーマ
明治から現代
地域
松本城下町周辺
分野
建造物

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

漆喰となまこ壁の土蔵

  敷地北側中ほどに位置し、主屋側となる南面を正面とします。木造2階建、切妻造桟瓦葺、桁行2間半、梁間2間、平入です。外壁は、腰部は海鼠壁とし、上部は白漆喰塗りとなっています。壁面の黄土色の塗装は、第2次世界大戦中に、防空のための迷彩として施されたものを残したものです。
正面となる南面には、1階西寄りに観音扉の戸口が、2階中央には観音扉の窓が設けられています。牛梁に「明治十九年九月二日建之  施主平林庄治郎」「大工棟梁栁澤伊太郎」「金壹尺貮寸水」との墨書があり、建築年代は明治19年(1886)です。建築面積は16.54㎡で、1階の戸口には、土扉、裏白戸、格子戸が建てこまれています。現在はワインセラーとして利用されています。

ページの先頭へ