1. ホーム >
  2. 国指定等文化財 >
  3. 国登録有形文化財 >
  4. 徳運寺本堂

国指定等文化財

徳運寺本堂

とくうんじほんどう

  • 徳運寺本堂
  • 徳運寺本堂
  • 徳運寺本堂 内部
  • 徳運寺 全景

データ

名称
徳運寺本堂
指定等区分
国登録有形文化財
指定年月日
平成26年10月7日
種別
建造物
所在地
松本市入山辺4526
所有者
宗教法人徳運寺
時代区分
江戸時代
付加事項
同時登録:徳運寺庫裏、徳運寺山門及び高塀

所属カテゴリ

分類
登録文化財
テーマ
松本城とその時代
地域
松本東部
分野
建造物

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

廃仏毀釈を乗越えた堂宇

★徳運寺とは
  徳運寺は、松本市入山辺地区にあるお寺です。鎌倉時代末期に、地元の山家氏が、僧・雪村友梅(せっそんゆうばい)を開山として招き、創建しました。なお、創建当時は「徳雲寺」と称していました。明治初年の廃仏毀釈で一時廃寺となりましたがすぐに復興し、現在に至っています。
  江戸時代末期には、徳運寺の伽藍はすべて整っていたと伝えられています。しかし、嘉永4年(1851)の火災で焼失し、現在見ることができる建造物は、火災の後に建てられたものです。
  ※徳運寺(徳雲寺)や雪村友梅の詳細は、
    「徳雲寺跡」(松本市特別史跡)のページをご覧ください。

★本堂のつくり
  徳運寺本堂は、木造平屋建て、梁間8間、桁行12間の規模で、近在では大きな建物として目立つ存在です。屋根は、もともと茅葺でしたが、昭和50年(1975)に改修され、現在は銅板葺となっています。内部の間取りは、八間に分かれており、中央の仏間には須弥壇が据えられ、本尊の千手観音が安置されています。
  現在の本堂が建てられたのは嘉永6年(1853)で、当時の様子を記録している「棟上世話人配役諸事帳」によると、木曽の宮ノ越村(現在の木曽町)の大工棟梁市次郎によって再建されています。その後、何度かの増改築がされたと柱などの痕跡から推測されますが、明治33年(1900)に出版された「信濃宝鑑」には現在の本堂と同じ姿が描かれており、建築された江戸時代末期の建築様式をほぼそのまま見ることができる建物として貴重です。

★徳運寺のたたずまい
  平成26年(2014)に登録有形文化財となった徳運寺の本堂・庫裏・山門及び高塀は、いずれも建築当初の姿を良く残しており、一体となって境内の歴史的な景観を伝えています。特に、本堂・庫裏は、明治初年の廃仏毀釈で徳運寺自体が一時廃されたにもかかわらず、江戸時代末期に建てられたままの姿で今日に至っています。
  現在は、厄払いのお寺としても有名で、毎年1月の中旬ころには厄除観音例大祭が催され、多くの参拝者でにぎわっています。

ページの先頭へ