1. ホーム >
  2. 国指定等文化財 >
  3. 国登録有形文化財 >
  4. 松本市上下水道局島内第一水源地石垣及び階段

国指定等文化財

松本市上下水道局島内第一水源地石垣及び階段

まつもとしじょうげすいどうきょく  しまうちだいいちすいげんち  いしがき  および  かいだん

  • 松本市上下水道局島内第一水源地石垣及び階段
  • 松本市上下水道局島内第一水源地石垣及び階段

データ

名称
松本市上下水道局島内第一水源地石垣及び階段
指定等区分
国登録有形文化財
指定年月日
平成27年8月4日
種別
建造物
所在地
松本市島内3635-1
所有者
松本市
時代区分
大正時代
付加事項
同時登録:ほかに5件あります。

所属カテゴリ

分類
登録文化財
テーマ
明治から現代
地域
松本北部
分野
建造物

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

モダンな水道施設群

★松本市の近代水道の歴史
  松本市の市街地には、松本市特別史跡に指定されている源智の井戸や槻井泉神社の湧泉など、湧き水が豊富にあり、昔から住民ののどを潤してきました。しかし、明治時代以降、市街地の人口増加や度重なる大火などにより、近代的な水道を敷設する必要性が高まり、大正時代の中頃から、水道水とするのに適した水源地の調査が始まりました。
  その結果、隣村の島内村(現在の松本市島内地区)の奈良井川沿いに水源地(後の松本市第一水源地)を設け、600mほど東の城山に設置した配水地に水を一旦汲み上げた後に市街地へ流下させる方式が採用されました。敷設工事は大正13年(1924)に竣工し、松本市の近代水道普及の始まりとなりました。
  平成27年(2015)、松本市の初期の水道事業を支えた下記の施設6件が、登録有形文化財に登録されました。

  ・松本市上下水道局  島内第一水源地  集水井及び会所
  ・松本市上下水道局  島内第一水源地  石垣及び階段
  ・松本市上下水道局  島内第一水源地  旧喞筒室
  ・松本市上下水道局  島内第一水源地  倉庫
  ・松本市上下水道局  城山配水地  接合井
  ・松本市上下水道局  城山配水地  旧配水池

    ※各施設とも、それぞれのページで説明があります。

★水源地を囲む石垣と階段
  島内第一水源地の南側、集水井と会所のある場所は石垣で囲まれ、敷地北側の旧喞筒室とつながる部分に石の階段がつくられています。石垣は花崗岩が用いられ、敷地の東西南北の周囲150m余りに造られています。また、階段は4段あり、花崗岩の切り石で造られています。
  建設年は定かではありませんが、松本市上下水道局で所蔵している工事日誌には、大正11年(1922)11月から大正12年1月にかけて、石垣に使われたものと同じ石材が多く収められているという記事があり、このことから大正12年に石垣が造られたと推測されます。
  設計図や写真などと比べると、造られた頃の姿がよく残されていると分かる建造物です。

ページの先頭へ