1. ホーム >
  2. 県指定等文化財 >
  3. 県宝 >
  4. 旧山辺学校校舎

県指定等文化財

旧山辺学校校舎

きゅう  やまべ  がっこう  こうしゃ

  • 旧山辺学校校舎
  • 旧山辺学校校舎
  • 鬼瓦
  • 旧山辺学校校舎玄関
  • 校舎遠景

データ

名称
旧山辺学校校舎
指定等区分
県宝
指定年月日
昭和60年11月21日
種別
建造物
所在地
里山辺2932-3
所有者
松本市
時代区分
明治時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
明治から現代
地域
松本東部
分野
建造物

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

「障子学校」、我等が村の学び舎

★モデルは開智学校★
  旧山辺学校は明治6年(1873)、兎川(とせん)学校として発足しました。当初は、兎川寺(とせんじ)の本堂を借りて校舎としていましたが、明治18年、当時の里山辺・入山辺の両村により新校舎が建築されました。
  校舎の大工棟梁は地元里山辺上金井出身の佐々木喜重(きじゅう)でした。佐々木は明治9年の開智学校の建設に携わっており、この校舎も開智学校をモデルとして建設されました。新築費用は里山辺・入山辺両村が力を合わせ、村費と寄附金ですべてがまかなわれました。
  兎川学校は明治19年に山辺学校、明治22年に山辺尋常小学校となり、昭和3年(1928)までこの校舎が利用されました。その後、校舎は里山辺村役場として使用され、昭和56年から実施された保存復元工事を経て、現在は山辺学校歴史民俗資料館として公開されています。

  校舎は木造二階建、屋根は桟瓦葺(さんがわらぶき)、入母屋(いりもや)造で、屋根の中央に八角形平面の塔屋が載っています。一階正面中央には入母屋造の玄関(車寄せ)がつけられています。一階の間取りは、十文字に中廊下を設け、その両側に職員室及び教室を設けています。二階は、正面からみて左側に講堂に相当する大きな部屋を設け、右側は中廊下をはさんで教室を配しています。外部は隅柱のみ見せた漆喰(しっくい)塗り大壁造とし、障子引違い窓(現在は管理のためガラス戸を併用した二重窓)をつけ、木製ドアをつけています。内部は漆喰真壁造で、板張りの床・竿縁天井を用い、木製引違い戸を出入り口に立てています。屋根は民家風の出桁(だしげた)構造を用い、繁垂木(しげだるき)の軒裏を表しています。外壁の塗装は、腰壁の部分を石積文様、大棟の胴に雷文を黒緑色漆喰であらわし、外部木部は薄いステイン塗を施しています。

★「障子学校」とよばれる★
  モデルとなった開智学校と比較すると、山辺学校は全体的に簡素な作りとなっています。開智学校は窓にガラスを用いていたのに対し、山辺学校は障子を用いていたことから、開智学校は「ギヤマン学校」、山辺学校は「障子学校」とよばれていたといわれます。
  明治開化期の学校建築の中でも、伝統的な日本建築の手法と洋風の手法を巧みに融合させて、斬新な建築表現を生み出した点で優れています。

ページの先頭へ