1. ホーム >
  2. 県指定等文化財 >
  3. 県史跡 >
  4. 小笠原氏城跡

県指定等文化財

小笠原氏城跡

おがさわらしじょうあと

  • 林城跡(大城)主郭
  • 林城跡(大城)主郭
  • 林城跡(小城)
  • 林城跡(大城)
  • 埴原城跡
  • 山家城跡
  • 桐原城跡

データ

名称
小笠原氏城跡
指定等区分
県史跡
指定年月日
昭和45年10月22日
種別
遺跡
所在地
入山辺字日影7350ほか
所有者
松本市ほか
時代区分
戦国時代~安土・桃山時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
松本東部
分野
史跡

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

信濃国守護小笠原氏の権力を誇る山城群

  県史跡小笠原氏城跡は次の5つの山城で構成されています。
  ※林大城と林小城を合わせて林城(はやしじょう)ともいいます。

  ★林大城(はやしおおじょう)
  ★林小城(はやしこじょう)
  ★埴原城(はいばらじょう)
  ★山家城(やまべじょう)
  ★桐原城(きりはらじょう)


★林城(林小城)★
  林城は里山辺地区林集落の東、大嵩崎(おおつき)集落をはさんで、南北に林大城と林小城が相対した信濃国守護小笠原氏の本城です。
  林城の築城年代については、小笠原長朝が嘉吉3年(1443)に林城で生まれていることが「小笠原系図」に書かれており、長朝の父である小笠原清宗の時代に築城され、井川館から移ったものと考えられます。明応元年(1492)に林城で生まれた小笠原長棟(長朝の孫)は、菩提寺である廣澤寺(こうたくじ)の中興開基になっており、この時代に林城は小笠原氏の本城として、信濃国守護にふさわしい風格を備えた山城となったのです。
  しかし天文19年(1550)7月15日、城主小笠原長時(長棟の子)は甲斐の武田晴信(信玄)に攻められて自落(戦わずして降参)し、山城や館は破壊されました。
  大城の遺構は、金華橋のたもとから登ると、両側に階段状の小さな三日月郭(くるわ)が無数に現われ、尾根は大きな空堀(からぼり)で断ち割られ道を遮断しています。主郭は標高846mの山頂にあり、規模は大きく、さすが守護の本城であるとうなずけます。主郭の周囲には北から東にかけて土塁がめぐり、特に東側中央には野面積(のづらづみ)の石積が残っています。
  小城は古城とも書くので、大城より築城は古いと考えられていましたが、最近の縄張の研究などから、大城より新しい時代に造られたと考えられるようになりました。主郭をとりまく石垣や縄張などは、山家城や桐原城と共通性が高いものです。

★埴原城★
  埴原城は中山地区にある大規模な山城で、複雑な遺構をとどめています。この山城には尾根筋がいく筋もありますが、いずれの尾根にも空堀を切って、掘った土を盛り上げて土塁として守りを固めています。主郭部は三区画に分けられます。虎口(こぐち)は敵が簡単に入れないように曲げられており、両側の石垣から門があったと思われます。主郭の背後には大規模な土塁があり、その山側は深い空堀となりさらに上に続いています。

★山家城★
  山家城は入山辺地区上手町(わでまち)の背後の山腹にあります。遺構は複雑で何回かの改修をうかがわせます。主郭は東西約20m、南北22mで、周囲の石垣はかなり高くみごとであり、戦国最末期の松本平の石積み技術の到達点を示しています。永正2年(1505)に、折野薩摩守昌治(後の山家氏)が播州明石からこの地に来て、小笠原貞朝(長朝の子)に属し、山家城を拠点としていました。

★桐原城★
  桐原城は入山辺地区西桐原の北側の山の中腹にあります。この山城については慶長4年(1599)に描かれた絵図があり、絵図内の麓にある「御屋鋪」の記載は、城主桐原氏の居館跡と思われます。主郭の規模は、東西約29m、南北約27mです。
  桐原城は、天文19年(1550)7月15日、林大城とともに自落しました。

ページの先頭へ