1. ホーム >
  2. 県指定等文化財 >
  3. 県名勝 >
  4. 三本滝

県指定等文化財

三本滝

さんぼんだき

  • 三本滝(中央の滝と右側の滝)
  • 三本滝(中央の滝と右側の滝)
  • 三本滝(中央の滝と右側の滝)
  • 三本滝(中央の滝と左側の滝)
  • 三本滝(右側の滝)
  • 三本滝(右側の滝)

データ

名称
三本滝
指定等区分
県名勝
指定年月日
昭和56年12月7日
種別
名勝地
所在地
安曇  国有林144林班ホ
所有者
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
自然の恵み
地域
安曇地区
分野
天然記念物・名勝

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

1箇所で3回楽しめる乗鞍の名曝

  乗鞍高原とその周辺には数多くの滝がありますが、三本滝は、番所大滝、善五郎の滝とともに、「乗鞍三滝」とよばれることもあります。この滝は、平成2年には「日本の滝百選」のひとつにも選定されています。
  三本滝は、水源も趣きも異なる三つの滝が1か所に合流していることが特徴です。いずれも乗鞍岳の溶岩にかかる滝で、高さは50~60m、滝つぼの標高は1,840mです。
  向かって右側の滝は、小大野川(こおおのがわ)の支流・クロイ沢にかかり、黒色の溶岩の上をなめるように流れています。
  正面の滝は、小大野川の本流をまっすぐ豪快に流れ落ちています。
  左側の滝は無名の沢にかかる滝です。木の間越しに、ひっそりと流れ落ちるすがたを見ることができます。
  三本滝は、その昔、乗鞍信仰の修験者の行場として利用されていたといわれています。
  滝のまわりにはうっそうとした森林が広がり、滝を引き立てています。秋には、常緑針葉樹のシラビソやコメツガの緑の中に、落葉広葉樹のカツラ、ダケカンバ、ナナカマドなどの赤や黄色が映え、いっそう美しい景色が見られます。
  県道乗鞍岳線の三本滝駐車場から、遊歩道を歩いて往復1時間弱です。冬期間、遊歩道は雪解けまで通行止めになっています。

ページの先頭へ