1. ホーム >
  2. 県指定等文化財 >
  3. 県天然記念物 >
  4. シナノトド化石

県指定等文化財

シナノトド化石

しなのとど  かせき

  • シナノトド化石
  • シナノトド化石
  • シナノトド化石

データ

名称
シナノトド化石
指定等区分
県天然記念物
指定年月日
昭和60年11月21日
種別
地質鉱物
所在地
七嵐85-1  四賀化石館
所有者
松本市
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
自然の恵み
地域
四賀地区
分野
天然記念物・名勝

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

太古につながる貴重な化石

  この化石は、大正9年(1920)頃に、当時の東筑摩郡五常村(現在の松本市五常)大字執田光(しったこう)字麻生の谷底から発見されました。北海道大学の長尾巧博士の鑑定を受けたところ、食肉目鰭脚類(ききゃくるい:アザラシ、セイウチなどが属する類)アシカ科に属するもので、学名Eumetopias sinanonensis Nagao ・和名シナノトドと命名されました。
  大きさは縦15cm、横17.5cm、高さ6cmで、歯がついた頭骨化石です。多少の破損や変形は認められますが、門歯や犬歯、臼歯がそろって保存されており、化石としては保存状態が良好です。
  その後の研究によって、この化石は新生代第3紀中新世(今から1500~800万年くらい前)の中期に属すことがわかりました。中新世の鰭脚類(アザラシ、セイウチなどのなかま)の化石は世界的にも極めて数が少なく、この化石はその中でも保存状態がよい標本であり、鰭脚類化石の研究では常に比較検討されるほど貴重なものです。外国でも有名であり、国内外の学者の研究も盛んで教科書にも引用されるほどです。

ページの先頭へ