1. ホーム >
  2. 県指定等文化財 >
  3. 県天然記念物 >
  4. 八幡宮鞠子社のメグスリノキ

県指定等文化財

八幡宮鞠子社のメグスリノキ

はちまんぐうまりこしゃのめぐすりのき

  • 八幡宮メグスリの木
  • 八幡宮メグスリの木

データ

名称
八幡宮鞠子社のメグスリノキ
指定等区分
県天然記念物
指定年月日
平成15年12月7日
種別
植物
所在地
梓川上野1942-1
所有者
八幡宮鞠子社合殿
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
自然の恵み
地域
梓川地区
分野
天然記念物・名勝

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

かつては薬にもなった県下有数の巨木

  長野県の天然記念物として指定されているこの「メグスリノキ」は、梓川地区上野の八幡宮鞠子社の入口にあります。
  カエデ科の植物で温帯の山地に生える落葉高木です。日本固有の植物で、四国・九州などの暖かい気候の場所には多く分布していますが、この辺りではまれに見られる程度です。
  この「メグスリノキ」という和名は、昔、樹皮を煎じて洗眼薬として使われたことから、名づけられたと言われています。
  幹の太さは3.06m、高さは28mになります。幹がまっすぐに伸び、上方では四方に分かれ、これだけ大きなものは近隣市町村はもちろん県下でも数少ないものです。

ページの先頭へ